子ども・学校問題初回無料相談

子ども、学校問題について

当事務所は、子どもたちを被害者にも加害者にもさせないという理念の下、子ども、学校問題に力をいれており、多数のご相談を受けております。

従来、学校内の問題は学校内で解決され、弁護士が介入するケースは多くありませんでした。しかし、昨今、学校生活のトラブル・紛争の増加、複雑化により、弁護士が介入するケースが急増しています。

当事務所では、子どもたちが安心して学校に通えるよう、学校問題に積極的に取り組んでおります。学校に関するトラブルに巻き込まれてしまったけれど、弁護士に聞いていいのかわからないという方のために、全ての相談で初回相談料を無料とさせていただいていますのでお気軽にご相談ください。

子どもの親、親族の方はもちろん、法的トラブル、コンプライアンス体制構築にお悩みの学校、塾、幼稚園、保育園、教員、カウンセラー等からのご相談も受け付けております。弁護士には守秘義務があり、相談内容が漏れることはありませんのでご安心ください。

>>少年事件(刑事)についてはこちらをご覧ください。

相談内容の例

  • 子どもが学校でいじめにあっている
  • 学校活動・部活で子どもが怪我をした
  • 先生から体罰をふるわれた
  • 退学、停学処分を受けた
  • 学校内でセクハラが発生した
  • 子どもが友達に怪我をさせてしまった
  • 保護者間で深刻なトラブルが発生した

このほか、子ども、学校に関する問題につき広く相談を受けつけております。

学校問題に強い3つの理由

  • 1子どもを第一に考えた活動
  • 子ども・学校問題においては、大人が対応を間違えてしまうと、子どもの心に大きな傷を与えてしまうことがあります。大人なら納得、妥協できることでも、子どもにとっては違うかもしれません。当事務所は、子どもの気持ちを第一に考えた活動を行います。
  • 2柔軟な解決方法の提案
  • また、子ども・学校問題においては、法律を前面に出してしまうことで、関係者の態度を硬直させ、かえって解決が難しくなることがあります。むしろ、法律から離れたところに関係者が納得できる解決策がある場合も多くあります。当事務所では、法律による解決に固執せず、関係者の気持ちを汲んだうえで、双方が納得して前に進めるよう柔軟な解決方法を提案いたします。
  • 3豊富な学校での活動実績
  • 当事務所では、多くの学校で講義、授業等を実施しており、学校問題の対応を熟知しております。

講義、授業等の実績

大正大学臨床心理学部 講義「関連法規/契約と悪徳商法」
板橋区立高松第二小学校「いじめ防止特別授業」
国立市立第八小学校「いじめ防止特別授業」
など

子ども・学校問題の弁護士費用について

初回相談 無料
着手金 10万円~又は経済的利益の2%~
報酬金 10万円~又は経済的利益の4%~

※費用は全て税別となります。事案の難易度に応じて増減があります。

初回無料 法律相談・お問合せ